« 井上実ダンススクールさん | トップページ | ジャーン!第二弾 »

2007年4月27日 (金)

久々の競技会

 
 この前の日曜日にダンスの試合がありました。鞭打ちなどの影響で半年ぶりの競技会。張り切って2セクション(C級、B級)をエントリーしました。午前中Cクラス戦で15曲踊り、午後からBクラス戦、想定外に勝ち進んでしまい、準決勝でベニ-ズワルツを踊ることに・・・。
午前中から踊り続けてB級準決勝、すでに疲労がMAXのパートナーは首がとんでいました(回転などの遠心力によりネックの位置を正しい位置にキープできなくなること)。
ナチュラルターン20秒までは元気、パートナー「首痛い、痛い」ということで、クローズドチェンジ ~ リバースターン、でもすぐにパートナーが「首痛い、痛い」というので、回転しないクローズドチェンジ(普通はあまり使いません)のみで5人の審査員の前を通過。
なんとか最終種目のクイックステップまで踊りきりました。が、なぜだろう?パートナーが泣いていました。今までにもヘロヘロになったパートナーは見たことがあったけれど・・・。首が痛いのと、体力が限界だったから?と思いきや、ちゃんと踊れなかったことが悔しかったらしい。
 ちょっと小休止の後、決勝進出の結果発表、
「あった、あった、ありました。」
ヘロヘロ踊りだったのに決勝戦(通過組数6組)に6番目で引っかかっていました。
再度気を引き締め直し、ダンスシューズ(もちろんトップドリームダンスシューズ!)を履きなおしてから、再度回転しないクローズドチェンジで審査員の前を通過するベニーズワルツなどを、なんとか踊りきって、結果は6位でした。
な、なんと・・・朝から通算37曲も踊っていました。 またがんばります。
 

|

« 井上実ダンススクールさん | トップページ | ジャーン!第二弾 »